トップページ → ジュースクレンズは生理後にしましょう

ジュースクレンズは生理後にしましょう

ジュースクレンズは断食ダイエット方法のひとつで、ニューヨークから始まって海外セレブや日本のモデル・芸能人の間でも流行しているものです。

 

固形物を食べずに水とコールドプレスジュースで一定期間断食しながら、体内の毒素を排出し、また胃腸や臓器を休ませることによってそれらをクレンズ(洗浄)するというものです。

 

こうした方法、断食よりも体への負担が少ないようですが、女性の場合はやはり生理は終わってから行うのがよさそうです。

 

ジュースクレンズは、コールドプレスジュースだけを飲む断食で、当然体には負担がありますから素人が長期間するのは禁物で、長くても5日程度で切り上げます。ましてや、デリケートな体質である生理中は避けなければなりません。

 

ジュースによって野菜と果物の栄養を摂取できますから、健康に良いことはそうなのですが、だからと言って必要な栄養素の全てが十分に摂れるわけではありません。

 

特に、生理中は血液が大量に出てしまって貧血にもなりやすい時期で、こういう時期に行ってしまうと貧血を悪化させることもあります。

 

また、生理中には女性ホルモンのバランスも変化するため、体調不良や気分が鬱々とするなどの症状が起こりやすくなります。場合によってはPMS(月経前症候群)を起こしてしまう危険性も指摘されています。

 

基本的に体の機能が活発になるのは、生理が終わってから排卵日までとなっていますから、ジュースクレンズを行うならこの時期がベストです。ですから、生理中の期間はジュースクレンズにむけての準備期間として食事のコントロールをする期間にするのが良いでしょう。