トップページ → 自分でできる乾燥肌の対策

自分でできる乾燥肌の対策

乾燥肌というのは、一度症状が出てしまうと、良くなるまでには時間を要するものです。そのため、乾燥肌になる前に対策をしておくことが大切になってきます。顔の場合は、化粧水や乳液などを使って肌に潤いを与えてあげましょう。そのときには、ヒアルロン酸も補ってあげると、より効果を期待することができます。

 

また、口元が乾燥するという場合、パックをしてみてはいかがでしょうか?口元は、ほかの部分よりも皮膚が薄く、デリケートな部分のため、ケアをしたほうが良い部分です。パックというと、顔全体に対して行うイメージがあるため、口元にパックをすることを行っていない方はたくさんいます。コットンに化粧水をつけて、それを口元にあててみましょう。

 

女性の方は化粧をして外出すると思いますが、家に帰ったら、なるべく早く化粧を落とすことが大切です。化粧をしている状態というのは肌には負担になっているので、早めに落としたほうがいいのです。

 

体の場合は、入浴後などは水気が体についていると、その水気が蒸発する際に、皮膚に必要な水分も逃げていってしまうため、タオルなどを用いて入浴の際についた水気を吸い取ってしまいましょう。

 

また、食生活にも注意しましょう。例えば、インスタント食品などは、簡単に食べることができて便利なので好む方は多いと思いますが、肌のことを考えると控えましょう。

 

ほかにも、塩分が高い食べ物も肌には良くないので控えましょう。また、特に冬の時期は乾燥をしやすいので、室内を加湿したり、加湿器がない場合には、洗濯物を部屋に干したりして、なるべく湿度を適度に保つようにすることも大切です。