トップページ → 毛乳頭と食生活

毛乳頭と食生活

髪の毛と食生活の関係については、いろいろな俗説があります。残念なことにこれを食べていれば絶対に薄毛にならないといった食べ物はありません。一番大切なのはバランスのとれた食生活をすることです。

 

現代人の食生活は、肉類などの動物性脂肪食品に偏り、野菜が不足する傾向にあります。こうした食生活を長年続けていると、血液がドロドロの状態になり、血管の流れが悪くなってしまします。

 

そうなると毛根付近の血流も悪くなるので、毛乳頭の代謝を悪くしてしまいます。毛乳頭の代謝が悪くなると、毛母細胞を増やすことができず、毛根の成長が止まり、抜け毛も増えて、ついにはハゲてしまうかもしれません。動物性コレステロールはステロイドホルモンの材料になるので、薄毛の原因といわれる男性ホルモンを活性化させることにもなります。

 

こうした食生活を続けていくと、髪の毛の成長を妨げるだけでなく、脳血管障害、心臓疾患などの生活習慣のリスクも高くなります、病気予防のためにもいまのうちから栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

 

また、昼食や夕食を麺類や丼物などの単品メニューで済ませてしまう食事も注意が必要です。こうした単品メニューは、栄養が糖質に傾き、ビタミン類とタンパク質が明らかに不足します。

 

毛髪が栄養不足になり、抜け毛が多くなり、毛髪の成長も妨げてしまいます。なるべく、食材の種類の多い和食定食などのメニューを選び、できるだけたくさんの種類の食品を食べるようにしましょう。