トップページ → 糖質制限ダイエットで食べていはいけない食品とは?

糖質制限ダイエットで食べていはいけない食品とは?

糖質の摂取を控えるようにしてダイエットをする方法のことを、糖質制限ダイエットといいます。炭水化物の一つが糖質になっているのですが、糖質だけを摂取しないようにしましょう。

 

この糖質を過剰に摂取してしまっていることによって、肥満の状態になってしまうということが非常に多いのです。そもそも、どうして糖質を摂取しすぎてしまうと太ってしまうのでしょうか?

 

糖質を摂取したら、血中の糖分が多くなるため、血糖値も上がってしまいます。この血糖値を正常にするために、インシュリンが分泌されて、血糖値が低下していきます。血糖値を下げるためにはインシュリンが必要不可欠になっているのですが、このインシュリンが大量に分泌されてしまうと、あまってしまっている糖質を中性脂肪に変換してしまいます。

 

そして、変換された中性脂肪は体脂肪として体の中に蓄えられてしまい、最終的に肥満になってしまうのです。そのため、インシュリンというのは肥満ホルモンと呼ばれることもあります。

 

どれくらいインシュリンが分泌されるのかは、どれくらい血糖値が上昇するのかによって違っています。インシュリンの分泌量を減らすためには、血糖値の上昇を抑えるようにしなくてはならないのですが、その血糖値の上昇を抑えたいのであれば、糖質の摂取を控えるようにしなくてはなりません。

 

そのため、糖質制限ダイエットという方法が生み出されたのです。食事によって摂取された糖質をエネルギーとして燃焼して、それでも不足している場合は、体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出します。これによって、体脂肪を減らすことが出来るようになって、体重を減らすことが出来るようになるのです。

 

また、糖質は摂取しないようにすることで、脂肪やたんぱく質を肝臓が分解をして、積極的にブドウ糖を合成していきます。そして、このブドウ糖によって内臓の働いを高めることが出来るようになり、基礎代謝を高めることが出来るようになります。

 

これによって、体脂肪を燃焼させやすくすることが出来るようになり、やせやすい体質にしていくことが可能になるのです。

 

この糖質制限ダイエットをする場合、食べるべきではない食品がいくつかあります。どのような食べ物を食べてはいけないのかが分かっていれば、さらに効率よく糖質制限ダイエットをしていくことも可能になるでしょう。

 

まず、たまねぎやレンコン、にんじんなどのように加熱をすると甘い味になる野菜というのは、それだけ糖質が含まれていますので食べるべきではありません。

 

そして、山芋やじゃがいも、サツマイモなどには多くのでんぷんが含まれています。また、これらのような食べ物から作り出された、片栗粉なども口にしないようにしましょう。

 

そして、精製されている小麦や白米も糖質が多くなっています。このような主食を食べたいのであれば、精製していない玄米などを食べるようにしてください。なお、小麦粉を原料にしている麺類やパンなども食べないようにしましょう。

 

詳しくは>>>糖質制限サプリランキング@ダイエットにおすすめはどれ?